2012年02月28日

福島第一 対応「場当たり的」 民間事故調が報告書

東京新聞記事より

学者や元検事ら民間人でつくる「福島原発事故民間独立検証委員会」(民間事故調、北沢宏一委員長)は二十七日、報告書を公表した。
菅直人前首相らから事情を聴き、東京電力福島第一原発の事故当時、政府内部が混乱していた状況を詳しくまとめ た。
問題点として、場当たり的な対応、規制当局の能力不足、縦割り行政の弊害などを指摘した。

報告書によると、1号機の原子炉内の蒸気を放出するベント実施前に、避難区域が 三キロとされたことについて、班目春樹原子力安全委員長は「(放射性 物質を含む気体を直接放出する)ドライベントは失念していた。ドライベントの場合、避難は三キロでは足りない」と述べた。

1号機の水素爆発時、班目委員長は「あー」と頭を抱えるばかりだった。民間事故 調の聴取に「水素爆発はないと首相に話していたので、水素爆発だと分かっても何も言えなかった」と答えた。

官邸の危機感が頂点に達したのは、2号機の状態が悪化した三月十四〜十五日。東 電の清水正孝社長(当時)から福島第一原発からの撤退を申し出る電話が枝野幸男官 房長官(当時)らに何度もあり、「まだやれることはある」とする官邸と対立。菅前首相の東電乗り込みにつながった。一方で枝野長官らは近藤駿介原子力委員長に、事 故が深刻になった場合を想定した「最悪シナリオ」を作るよう依頼しシナリオは九月の菅前首相退任まで秘密にされた、としている。

民間事故調は、シンクタンク「日本再建イニシアティブ」(船橋洋一理事長)が主導し、委員六人と約三十人の作業グループが調査に当たった。政府関係者を中心に三百人に聴いたが、東電首脳への聴取はできず、事故調は「協力が得られなかった」としている。
posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 08:04| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

福島第1原発:民間事故調報告

毎日新聞記事より
官邸 の指示が事故の拡大防止にほとんど貢献しなかったと総括している。


「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」は27日、菅直人首相(事故発生当時)ら官邸の初動対応を「無用な混乱やストレスにより状況を悪化させるリスクを高めた。場当たり的で、泥縄的な危機管理」と指摘する報告書をまとめた。

報告書によると、原発のすべての電源 が失われた際、官邸主導で手配された電 源車が、コードをつなげず現地で役に立 たなかった。枝野幸男官房長官(同)は 「東電への不信はそれぐらいから始まっている」と、事故当日から東電への不信 感が政府側に生まれていたと証言。報告書はこうした不信感が、官邸の現場への 介入の一因になったと分析した。

「ベント」が遅れたことについては、東電が現地の住民避難の完了を待っていたことや電源喪失が原因だったと指摘。「官邸の決定や経済産業相の命令、首相の要請がベントの早期実現に役立ったと認められる点はなかった」と した。

1号機への海水注入では、12日午後 6時ごろの会議で、注入による再臨界の 可能性を菅氏が「強い調子」で問いただ し、再検討を指示していた。海水注入は 既に午後7時4分に始まっており、第1原発の吉田昌郎所長(同)は官邸と東電 本店の中断指示を無視し注入を続けた。 報告書は「官邸の中断要請に従っていれば、作業が遅延した可能性がある危険な 状況だった」との見方を示した。同時に、吉田氏の行動についても「官邸及び 東電本店の意向に明確に反する対応を現 場が行ったことは、危機管理上の重大なリスクを含む問題」と批判。

菅氏の官邸での指揮に関し「強く自身の意見を主張する傾向」が班目春樹原子力安全委員長や閣僚らの反論を「躊躇」させたとの認識も示した。
さらに「トップ リーダーの強い自己主張は、物事を決断 し実行するための効果という正の面、関係者を萎縮させるなど心理的抑制効果という負の面があった」と言及。

◇民間事故調報告書の骨子

・首相官邸の現場介入によって、1号機 のベント(排気)などで無用の混乱を招 き、事故の悪化リスクを高めた可能性。 介入の背景は、マニュアルの想定不備や 官邸の認識不足
▽東電や保安院への不信感
▽被害拡大の危機感
▽菅直人前首相の政治手腕など

・01年の米同時多発テロを教訓にした新たな規制内容を未反映

・菅前首相は昨年3月22日、原子力委員会の近藤駿介委員長に「最悪シナリオ」の想定を依頼

・地震当時、原発構内の作業員は「この 原発は終わった。東電は終わりだ」と顔面蒼白(そうはく)

・緊急時迅速放射能影響予測システム (SPEEDI)の運用や結果の公表を 巡り、文部科学省が原子力安全委員会に 役割分担させるなど責任回避を念頭にした組織防衛的な兆候が散見

・航空機モニタリングで、文科省と防衛省の連携が不十分

2012年02月27日
posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 22:56| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

「我孫子をつなぐ…情報発受信と、市民の暮らし」

このブログを読んで下さっている方は、ネット情報を活用できる方々で、皆さまのなかにも、我孫子市のホームページが非常に重たく開けなかった体験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

マスコミから、地震・津波被害と原発の状況が刻々と伝えられる中、当自治体の情報発信の要であるHPが使えない状態であったことは、非常に憂虜すべき事態でありました。

ちの理からは、市に対してこの状況を素早く改善することを申し入れました。
また、実際に市内を巡回して、情報を隅々まで行き渡らせるために、臨時の広報あびこの発行、地域コミュニティ施設を利用した掲示物などによる、紙媒体による迅速なお知らせが必要とされている実態から、これを市に要望し、取り入れていただけました。

日頃ネット情報にアクセスされている方からは想像しづらいかと思いますが、やはり高齢者の方々にとって、ネット配信情報というものは遠い存在である現実もあります。

我孫子市の高齢化率は平成17年は17.8%であったものが、21年には22.1%、平成26年では26%にまで達するという推計があります。
これは4人に1人以上の市民が65歳以上、ということです。

中越地震、東日本大震災発生後の被災地ボランティア活動時に、自治体からの情報が錯綜することが、どれほどの混乱を被災者・地域に与えるかを目の当たりにしてきました。

今回の震災時には、被災地に臨時災害FM局が数多く開設されました。非常時における生活情報やライフラインの復旧状況を伝える、この災害時放送局開設については、我孫子市地域防災計画にも示されてはおりません。ちの理は、引き続き、市に対して体制整備を求めていきます。
FMあおぞら
亘理町FM局

そしてこれは、単に我孫子に災害時に市からの情報を発信するFM放送局が開設されればそれで良い、といった意図に留まるものではありません。

先日、ご紹介した、ちの理が提言する「災害救援ボランティア登録制度」や、避難所、医療現場、そして市民と自治体をつなぐための、重要な情報発信と受信の双方向に対して活用可能なものであるべきです。
これは、減災に大いに貢献できるもの、と成り得えます。

被災地ボランティア活動の際、ちの理は実感したのですが、「子ども・地域社会をいかにして守るか」と「情報受送信」を結びつける発想がなければ、せっかく機能・設備があっても、抜け落ちてしまうものがあるということです。

我孫子市には、2,500名にも上る保育所・学童に入所されているお子さんがおり、そしてその保護者の皆さんがいます。
我孫子市の4、5人に一人は、65歳以上の高齢者の方々です。

様々な年代の方が暮らす、コミュニティがある、それが我孫子の姿です。
この我孫子市、そしてここでの暮らしを守るために、何が、どのように必要とされているのか、それを念頭に、ちの理は日々行動しています。
「前へ」!
posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

公園の除染策

我孫子市も放射線対策がようやく進められ、ちの理が子どもたちのためにと地道に行ってきた提言も少しずつ形になってきました。

先週から、天王台西公園と柴崎台中央公園にて、重機を用いて表土剥離や天地返し等の除染策が行われています。
柴崎台中央公園

柴崎台中央公園a

原発事故後半年経って、ようやくです。
枝打ちも必要

両公園とも、木々が美しく茂っています。除染後の測定値でまた判断すべきでしょうが、ちの理から市長に、剪定、枝打ちも行うべきとの話をしています。(枯れ葉になる前に、手を打つべきです。)


我孫子市議会では全会一致で、『放射性物質から市民の安全と安心を守る決議』を市にぶつけました。
これまで我孫子市は、安全だとの認識でなかなか低減策に積極的に取り組んでこなかったため、民意を反映すべく、情報提供と実行可能なあらゆる対策を徹底的に実施することを強く求めたものです。

これまで放射線対策として約2350万円、今後は約3520万円ほどの予算が使用されることが、ちの理の代表質問によって明らかになりました。これは、約358億円の一般会計のうちのごく一部であり、子どもたちの将来をふまえ、優先課題として放射線対策に取り組んでいくべきと考えます。
(流山市は第一次分で約1億2千万円、松戸市は約3億3千万円でした。)
posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 22:36| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

東電への緊急要望

一昨日、東葛6市合同で東京電力株式会社へ以下のように要望書を提出しました。


1.市民が身の回りの放射線量を自ら測定できるよう、十分な性能を持った測定器を一般市民に貸し出す業務を行うこと。また、放射線量の測定結果に基づき市民から放射線量の低減を求められた場合はその対応(費用負担を含む)をすること。

2.千葉県東葛6市が共同で委託して実施した放射線量測定の委託費用(約180万円)を負担すること。

3.各市が行う放射線汚染の対応に関する支援や対策に要した費用に掛かる損害賠償請求に対し、誠意をもって速やかに対応(費用負担)すること。


我孫子市は放射線対策(除染等)について、明確に費用を算出していませんが、これまでの経費をこの機会に示しておくべきだったと考えます。(流山市は経費を算出し、第一次分として約1億2642万円を請求しています。松戸市も9月議会で補正予算として対策費を計上。)

また、我孫子市では9月から、市の職員が自治会等からの要望を受け、定点以外の市内の線量計測を行うことになっていますが、こうした放射線に関わる市職員の労力も本来は東電によるべきで、職員人件費も含め、今後要求すべきです。
(市が保有する測定機器は、当面は貸し出しせずに市職員のみ計測する方針とのことで、上記1のような要望に至ったとちの理は聞いています。)

市民の安全・安心の確保のために、市内においてはきめ細かい放射線対策を行い、当事者(東電、国)には強い姿勢で要望していくことを、今後も市長には対応を求めていきます。
posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 00:40| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

手賀沼公園の草刈作業

本日、所用でアビスタに伺ったところ、隣接する手賀沼公園で草刈作業が行われていました。

草刈り@

草刈りA

草刈B

草刈C

画像では分かりづらいのですが、見た感じかなり深く刈られていました。(今週末には第4回あびこカッパまつりが開催される予定で、タイミングを合わせたようです。)
昨日に定期測定が行われており、草刈り直後の放射線測定値は公表されていませんが、以前草刈りした時のように少しでも低減されていることを願いたいと思います。(手賀沼公園放射線量測定結果

草を刈るだけでは効果があまり見られない個所もあり、現在、市では公園の芝ごと表土を削る検討をしています。
子どもたちの安全を守るべく、議会内外でちの理が求めてきたことがようやく進んできました。
側溝等の雨がたまりやすい個所は高い数値を示すことがあるので、今後もさらなる除染を求めていきます。

posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 23:16| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

災害対策基金、創設へ

本日発行の広報あびこ2面に我孫子市災害対策基金についての記事が記載されています。

6月議会において【東日本大震災後の諸課題と、今後の危機管理体制】として、ちの理が基金創設について政策提言しました(※下記、本会議での発言内容参照)。その後、担当課の市民安全課が中心となって災害対策基金について調査・研究が行われ、本日より、条例制定について市民の意見募集が始まりました。(我孫子市災害対策基金についてのパブリックコメント

◆国・県、民間より、住民生活に密接な基礎自治体における被災者へのスムーズな支援
◆市に貢献したいとの市民の善意に応えること(防災週間等の寄付の呼び掛け)
◆災害対策費の財源確保と、支出の明確化
◆市民の防災意識高揚
これら、ちの理が本議会で述べたメリットにより政策実現と至ったわけですが、意見集約後、12月議会で上程され(改選後となってしまいます…)、基金創設へとすすめられる予定となっています。

ちの理は今後とも、我孫子市の将来のために政策提言し、実現させるべく尽力していきます。自らの経験・発想や、皆さんからいただいた市への要望等をもとに、地道に一歩一歩、市政を改善させていきます。
我孫子市に対する郷土愛と、使命感をもって!!


※【6月議会一般質問における、ちの理の提言】

災害対策基金の創設
東日本大震災の被害に対応するため、星野市長が行政運営の効率性を高めこれまで積み立ててきた財政調整基金及び予備費において、災害復旧費として会計処理がされてきました。
災害救助法の適用自治体となった我孫子市においては、国や県から災害救助に係る費用が支給され、加えて民間による幅広い様々な支援も受けられるようになったものの、震災後3ヶ月経った現在でも支払いは行われていません。住民生活に密着した自治体として、被災された方々にスムーズな支援を行えるよう、国・県の遅れを待たずに対応すべきです。

災害復旧等の財源として地方財政法第4条の3及び第7条の規定による財政調整基金が設置されていますが、市民による災害ボランティア活動、その他、災害復旧プラス、災害復興活動のために支出できる災害対策に関わる基金の創設を提言します。

また、この震災中に、「同じ我孫子市民で被害を受けた方に使用してもらいたいが、寄付を行いたくても、どこに寄付をしたら良いかわからない」と私のもとにも相談がありました。
市では急きょ、日本赤十字の募金と区別し対応されましたが、条例を制定したうえで災害対策基金を創設すれば、我孫子市に対して貢献したいとの市民の気持ちにも応えられるものとなります。
さらに、防災週間等で基金への寄付を呼び掛けていく等、市民の防災意識高揚にもつながる手だてとなるはずです。

都道府県においては、災害救助法第37条により災害救助基金の設置が義務付けられており、市町村には法的根拠はないものの、多くの市区町村ですでに財政調整基金とは別に設置されています。財調や予備費での財政支出よりも明確になることからも、災害対策基金の創設を要望します。見解をお示しください。  
東日本大震災後の諸課題と、今後の危機管理体制


posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 21:02| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

【放射能対策室】設置へ

今日も暑かった…晴れ

タイトルのように、我孫子市もようやく放射能対策室を設置することになりました。
8月12日より環境経済部の手賀沼課内におかれ、兼務の常勤職員4名を含む計7名の新体制です。
(昨日、Twitter @Abiko_LOVE でも報告させていただいています。)

◆原発事故の収束まで長期にわたること
◆情報を一元集約することで、時間や情報のロスがなくなり、迅速かつ的確に対応できる体制となること
◆我孫子市職員も放射線量に関して専門的に取り組んでいく必要があること
以上から、保育園、幼稚園、学校、公園等、部課横断的な体制づくりが必要と考え、議会閉会後も求めてきました。(先の【ちの日記】にも放射線量に関わるセクション一元化の必要性について記しています。)


総務部長に確認したところ、今後の事業の進捗状況によって、体制の見直しを適宜行うとのことですが、ちの理も組織編成の提言者として、対策室を中心とした除染の取り組み等、注視していく所存です。(【ちの日記】6月議会一般質問要綱、8月1日発行 あびこ議会だよりもご覧ください。)

今後も先見性をもって行動・提言し、子どもたちが元気いっぱい暮らせる我孫子市を守っていくべく、政策実現を果たしていきたいと考えます。
市に対するご意見・ご要望を、ちの理までお寄せください。
posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 19:46| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

放射線量測定(ふれあいキャンプ場)

手賀沼課職員による、ふれあいキャンプ場での放射線測量測定の様子です。
ふれあいキャンプ場測定結果
五本松公園

測定方法は、電源を入れて1分程度経過してから、30秒ごとに1回、計5回測定し平均値を測定結果としています。地上1m、50cm、5pと計測するので、1施設10分から15分くらいはかかります。暑いなか、本当にお疲れさまです。

今後、子どもたちを守るためにさらに重要なのは放射線量を低減していくことです。今、子どもたちは夏休み中です。幼い子も遊びに来ることもあるでしょう。草を刈り、剪定を行うなどして、放射線量低減化を図るべきです。ちの理は、市長執行部に今後も除染の重要性を訴えかけていきます。


ちの理は議会でも求めましたが、放射線に関する市民相談窓口は一元化すべきです。現在の我孫子市の窓口は、手賀沼課、保育課、学校教育課、公園緑地課、農政課、クリーンセンター、水道局工務課と、なんと7課にもわたっています。(我孫子市ホームページ【今後の測定計画と担当窓口】参照)

年度半期となる10月から新たな部署を立ち上げるかどうかを検討しているとのことです。しかし、
◆原発事故の収束まで長期にわたること
◆情報を一元集約することで、時間や情報のロスがなくなり、迅速かつ的確に対応できる体制となること
◆我孫子市職員も放射線量に関して専門的に取り組んでいく必要があること

以上から、我孫子市における安全な暮らしを守るため、近隣市でも行っているように早期の専門部署設置を求めていきます。

posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 23:56| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

放射線量低減策(小中学校)

先週から夏休みを迎えた、我孫子市の児童・生徒晴れ元気に遊ぶ姿も見られますが、習い事などで忙しいとの声も…ひらめき


まず、ちの理が気になっていたプールの授業についてです。放射線を理由にした見学者数は、各校でバラつきがあるものの、小学校においては平均3.0%、中学校では0.53%とのことでした。

今週から小学校のプール開放が始まりましたが、我孫子市の子どもたちが元気に遊べるよう環境を整えるべきです。また、水難事故がないことを祈ります。


市内小中学校、全19校中8校がいまだ放射線対策未実施、夏期休業中に計画している状況です。表土掃き取り、側溝の清掃、除草等を実施した学校は、教職員やPTAによる作業がほとんどですが、保護者、地域支援本部、自治会を中心とした地域の方々を巻き込んで清掃活動を行った学校もあります。
小学校の測定値 ※中学校

市や我孫子市教育委員会として明確な基準を示していないので、幼稚園・保育園と同様に各校の対応がばらばらです。学校主導、あるいは保護者からの要望によって実施されています。
ちの理がお手伝いした学校もそうでしたが、側溝の汚泥や掃き取った表土は、学校敷地内に仮埋めしている状況です。かき集めたことで、相対的に高い数値であろう土壌や汚泥を、子どもたちの生活する場からは遠ざけるべきと考えます。

今後は剪定を積極的に行うこと、通学路における線量が高い地点を予測し測定するとともに、清掃等の除染を行うこと、児童・生徒向けに放射線に関する健康教室を開催すること等、学校における対応を求めていきます。
内部被曝を避けるために、学校給食に使用する食材の徹底管理も、国や県に頼らず行うべきです。(市では、食品に含まれる放射性物質を測定する機器を購入する方針です。簡易的なもので約250万円ひらめき

ちの理は4月、6月の被災地での活動を通し、危機からの復興を直接現場に出向き肌で学んできました。現在、除染方法を市民と共同して策定し実施している福島市の事例からも学べるものがあると考えます。市職員の派遣なども引き続き要望します。(我孫子市においても除染の統一基準や、行動基準を定めるべき。)

ちの理は、我孫子市におけるいきいきとした暮らし守ります。子どもたちから高齢の方々、誰もが安全で安心できる街を、皆さんとともに実現します!
ご協力を宜しくお願いします。

posted by 我孫子市議会議員 茅野 理 at 22:14| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。